Guitar : HIRO(Libraian / La'cryma Christi)

ーーAcid Black Cherryの様々な場面でお世話になり、そしてProject 『Shangri-la』で日本全国をご一緒したHIROさんにも、この特別企画でいろんなお話を伺っていきたいと思っております!まずは、yasuさんについてのお話をお伺いしたいのですが、元々お知り合いですよね。

HIRO:うん。でもね、お互いに知ってたけど、意外と深く話す機会っていうのはあんまりなかったんだよね。La’cryma Christiのライブを観に来てくれたり、イベントで一緒になったり、雑誌で対談したりっていうのはあったけど、そこまで深く喋る機会もなくて。最初の印象はね、「腰の低い人だな」って感じ。イヤな感じも全然なくて、あのままだった。それから「Re:birth」ツアーの時にお互いを深く知ることになったんやけど、そのリハーサルの初日、俺はすごく緊張してて。でもその時に、yasuが最初に「HIROさん、ABCは絶対こうじゃないといけないってことはないですからね」って言ってくれたのをすごく覚えてる。俺が感じてたプレッシャーを、その一瞬ですごく和らげてもらったんだよね。

ーーそうなんですね!その後、『2012』からはずっとご一緒させていただいてますね。リハーサルやライブの他にもたくさんコミュニケーションをとっていただいて、すごくすごく深くなっているように見えます。

HIRO:サウナとかね(笑)。元々、サウナは全然得意じゃなくて、『2012』のツアーの時とかも誘ってもらっててんけど、なかなか行けなくて。でも「Shangri-la」のツアーの初日の福島で初めて行ったのかな。脱衣所でバッタリyasuに会ったら、嬉しそうに「あ!HIROさん!」って。もっと早くから入ってれば良かったって思うくらい、サウナのことが好きになったし、あの場所でのコミュニケーションもすごく好きでさ。こういうのってアリなんだ!って思った。他愛のない話をしながら、お互いのことを知れたりしてるしね。それがきちんと結束力を強めてる。ああいうところもyasuらしいよね。

ーーでは、ここからはABCの作品についても伺わせてください。これまで3枚のアルバムをリリースしてきたABCですが、ABCのアルバムにHIROさんはどんな印象をお持ちですか?

HIRO:ほんまにね、よく1人でここまで出来るなぁっていつも思う。テーマが尽きないのもそうだけど、完成度もすごいよね。今までの3枚のどれもが、ひとつひとつストーリーを持っているからそれも楽しめるし、純粋にアルバムとしてもきちんと成立してる。これを作り上げるパワーを持続するのって、かなりのものだと思うからね、すごいなって感心してます。

ーーそして、ニューアルバム「Lーエルー」にもHIROさんにご参加いただいてますが、yasuさんもHIROさんの音にすごく満足なんじゃないでしょうか。

HIRO:すごく言ってくれてますね(笑)。本当に嬉しいです。俺もyasuの曲が好きだし、「お互い、作る曲に共通点があるよね」って前から言ってたりするから、俺としてはyasuの曲にすごく入りやすいんですよね。俺もyasuも、昔の歌謡曲が好きだったりするし、メロディーの音づかいとかコード進行とか、「あぁ~!これこれ!!」ってなることが多いんです。

ーーレコーディングもやりやすそうですね!

HIRO:でもねぇ、yasuはたまにプレッシャーをかけてくるんだよ(笑)。

ーーどんな感じで(笑)?

HIRO:近づいて来て、「HIROさん、楽しみにしてますよ!」って(笑)。

ーーそういうの、HIROさん弱そうですよね(笑)。

HIRO:そう(笑)。でも、本当に楽しみにしてくれてる気持ちも伝わって来るからね、プレッシャーだけを感じてるわけではないんだけど。俺はyasuにそう言われて、「期待されてる!!」って思うし、yasuのその気持ちに全力で応えたくなる。まあ、俺もyasuに「曲、楽しみにしてるよ」って普段からプレッシャーかけたりもするんだけど(笑)。

ーーお互い様なところもあるんですね(笑)。レコーディングするにあたって、yasuさんの作ったデモ音源を聴いて臨んだと思うんですが、デモ音源を聴いた印象についてもお聞かせください。

HIRO:yasuが作ったデモの完成度って、すごく高いからね。求めてるものはすごく分かるし、リフとかは忠実に再現しようって思う。そこにプラスして、俺を選んでくれた意味もきちんと入れ込もうと。自分の良いところを入れて、yasuと一緒に作り上げて行くことを、yasuも求めてくれてると思うから。でも本当に、よくここまで考えるなっていつも思うよ。今回のアルバムでギターを弾かせてもらった曲のデモも、個人的にはすごく力を感じたし、曲調もすごく心地よかった。だから俺も、きちんと応えようと思って、ギターソロとかどうしたら良いかなってyasuに相談したりして。ここまで出しゃばって構築して大丈夫なんかな?って不安もあったんだけどね(笑)。

ーーそうやって想っていただけてることが、我々もすごく嬉しいですし、きっとyasuさんも嬉しいと思うんですよね。

HIRO:出来上がった時に、yasuが「この展開にして良かった!」って言ってくれたんですよ。それがすごく嬉しくてね。俺も良かった!って思った。俺は、比較的レコーディングに時間がかかるから、割と苦労することが多いんだけど、そんな時でもいつもyasuは気を使ってくれるんです。例えばギターソロとかね、自分で構築したものをレコーディングした上で、「これもいいんだけど違うバージョンも聴いてみたい」っていう要望をもらうこともあるんだけど、yasuは俺のことをよく理解してくれてるから、きちんと時間をくれるんだよね。「HIROさんは、自分の中でちゃんと構築して考えた方が絶対良いものが録れると思うから、遠慮せず時間かけていいですよ」って。で、別バージョンを録ったら、yasuが後ろから「めっちゃ良いじゃないですか!」って笑顔で言ってくれる。そうやって俺を盛り上げてくれるし、愛をすごく感じるんですよね。そんなyasuの気づかいのおかげで、俺もyasuの求めることが分かって来た感じもあるんです。

ーーそういう、お互いの気持ちの中で進むレコーディングって、なんかすごくいいですね!HIROさん、初めてABCでレコーディングしたときのことって覚えてます?

HIRO:うん。初めては「イエス」。すごいドキドキしたのを覚えてます。どこまで自分の色を入れていいのか、手探りの状態だったのもあったから。この「イエス」のソロを弾いた時も、yasuは「この曲のソロは、これじゃないと成り立たないです」って言ってくれたんだよね。だから俺は、「イエス」があったから「君がいない、あの日から…」があって、今回のアルバムのレコーディングがあるって思ってる。

ーーすごくいい感じですね!本当に「イエス」のソロはもちろん、今回のアルバムに収録される「君がいない、あの日から…」なども素晴らしいですもんね!では、話を作品からライブに移していこうと思います。初めてライブに参加していただくとき、どんな思いでした?

HIRO:ABCに参加させてもらう時に、ライブのDVDとかを資料として観せてもらったんだけど、みんな楽しそうにやってるのを見て、自然に笑顔になってる自分もいたんですよ。こんな楽しそうなバンドとかアーティスト、見たことなかったから。ライブ本編はもちろん、オフショットも面白いし。色々大変なこともあるんだろうけど、その上で、やりたいことを自由に出来てるんだろうなって。だからこそみんな笑顔で楽しそうにやってるんだと思う。それもこれも、yasuのパワーでしょうね、周りの人間をそうさせる力があるんですよね。

ーーそして、HIROさんの初めてのABCライブは、2010年の「Re:birth」ツアーでしたね。

HIRO:「Re:birth」ツアーは、みんなが助けてくれたライブだったね。正直、自分がABCの雰囲気の中に入れるのか不安もあったんだけど、yasuをはじめ、みんなが助けてくれた。リハ初日なんていっぱいいっぱいやってんけど(笑)。しかもそのライブって、yasuが療養から復帰するっていう最初のライブだったから、俺の不安なんかよりyasuの不安も大きかった思うんだよね。馴染みのメンバーの淳士くんもYUKIもいないっていうライブやったし。でもyasuは、すごくこっちを気づかってくれて、やりやすいように盛り上げてくれて。

ーーあのライブが終わった後、HIROさんすごく感極まってらっしゃいましたね。

HIRO:恥ずかしい(笑)。

ーーいや、でもあのHIROさんを見て、みんな愛をすごく感じたと思うんですよ。こんなに愛してくれてるんだって。

HIRO:そこまですごく自分の中で張りつめてたものがあったんだろうね。あとは、すごくありがたかったんだ。

ーーこちらこそですよ。おかげさまで本当に素晴らしいライブでしたし、今もすごく素晴らしいライブを一緒にしてくださって、すごく感謝してます。HIROさんがABCのライブで心がけていることってあったりしますか?

HIRO:演奏は完璧にっていうのは当たり前として・・・まあ、失敗もしちゃいますけど(笑)。あとは、ABCのライブに参加させてもらうようになって、ステージ上の周りのメンバーをよく見るようになったかな。それまではあんまり見てなかったから(笑)。

ーーそうなんですか(笑)? HIROさんの中で色々変化もありました?

HIRO:ABCに参加するようになって、周りから「キャラ変わったね」って言われることが多くなった(笑)。ライブ中にあんなに話すなんて、俺自身も思ってなかったからね(笑)。でも実はそういうの嫌いじゃないタイプだから、最初から楽しみながらやってる。ライブも含め、こういうやり方があるんだなって、俺としても新鮮な楽しみがあって。最近では暴走しちゃってる感じもあるんやけど(笑)。

ーーアルバムのDVDに収録されるMC集にも、その模様が収録されていますし(笑)。

HIRO:え!?入ってるんですか?ヤバい!それはヤバい(笑)!でもね、俺は話が上手い方じゃないし、yasuは俺のキャラを守るために気を使ってくれてるんだけど、逆に俺がぶっ込んでしまってるからなぁ(笑)。昔だったらそんなことはしなかったけど、それもすごく楽しんでるとこもあってね。ABCってパートチェンジとかも平気でやるし、その中に笑いの要素とかもぶっこんで来るし、そういうのが純粋に楽しい。しかもその中で、思いもよらなかった役目をやることになったりすることもあって、「えー!俺!?」ってビックリすんねんけど、yasuも「これはHIROさんがやるからいいんですよ!」って言うしさ(笑)。分かるけど!って(笑)。もうね、ありがとうございます。新しい俺を生んでくれて(笑)。

ーー新鮮なHIROさんを、ステージ上もファンの皆様もすごい楽しそうにしてますよ(笑)! HIROさんから見て、ABCのファンの方々ってどんな印象ですか?

HIRO:すごく年齢層が幅広いですよね。大体は、10代・20代・30代ってところなんだろうけど、ちっちゃい子も入れば、お父さんお母さん世代もいて、しかもみんながすごく楽しんでる。皆さんすごく温かい人ばかりだし。俺も最初のライブの時は、「誰やねん、コイツ」て思われるんだろうなって不安だったけど、温かく迎えていただいて。お客さんにも毎回助けていただいてますね。みんなの笑顔を見るとこっちもすごく幸せになる。

ーーでは最後に、この特設サイトを読んでいる、ニューアルバム「Lーエルー」を楽しみにしてくれている皆様にメッセージを。

HIRO:過去最高のアルバムになっていると思います!その時その時で、常に最高のものを作っているyasuだから、今回もそうなってるって思うんですよ。「Shangri-la」ツアーを経て出来上がるアルバムだから、あのツアーで培われたものを吸収した今のyasuの思いが詰まってると思うしね。俺もいちファンとしてすごく楽しみにしています。yasuが作るものだから、絶対にいいものになるに決まってますね!