Guitar : AKIHIDE(BREAKERZ)

ーーAcid Black Cherryの始まりからご一緒しているAKIHIDEさん。AKIHIDEさんにもABCにまつわる色々なお話を聞いていければと思います。まずは AKIHIDEさんから見たABCってどんなプロジェクトですか?

AKIHIDE:僕は最初のシークレットツアーの時から携わらせていただいていたので、客観的に見えては いないのかも知れないですけど、どこかで半分、自分で言うのもおこがましいですが、分身というか、自分にとって大切なプ ロジェクトでもありますし、今も変わらずそういう目線で見させていただいてます。僕はyasuさんが大好きなので、ひと つのプロジェクトというかミュージシャンというだけでなく、yasuさんという、人間として素晴らしい方を見ている感じ もしています。なので、Acid Black Cherryは、yasuさんの繊細さや、人を包み込む優しさ、攻める時の強さ、そういう”人間・yasuさん”が固まって、人々を魅了しているプロジェ クトだなって。楽曲もこだわって作ってらっしゃって、すごいカッコいいですし、そこに込められたメッセージも色々ありま すよね。歌詞や楽曲から最初に受けるメッセージもあれば、奥深いところのメッセージもありますし、そういうところを、僕 自身も同じミュージシャンとして、今も影響され続けてますね。僕にとってABCは、大好きなアーティストであり、大好き な人であり、常に道を照らしてくれる人でもあり、すべてに心から感謝したいプロジェクトなんですよね。

ーーAKIHIDEさんとyasuさんの出会いは、いつになるんですか?

AKIHIDE:出会いは、インディーズの時のイベントライブでしたね。yasuさんたちがメインアクト として全箇所まわっていて、僕らがそこに何カ所か参加させていただく形で。その時は、ご挨拶をさせていただいたくらい で、会話っていう会話はその時は全然なかったんですけど、すごく印象的な出来事があって。新潟のライブハウスの楽屋で、 当時yasuさんはタバコを吸ってらっしゃったんですけど、その灰が僕のコートに少しだけかかってしまったんですね。僕 はそんなの全然気にしないんですけど、yasuさんがそれをすごく丁寧に丁寧に払ってらっしゃって。その時に、すごい丁 寧な方だな、きっと優しくて良い方なんだろうなって思ったんですよね。その印象が勝手にあって、そこから時を経て、シー クレットツアーで初めて親身にお話しさせていただいたんですけど、あの時と変わらないというか、僕が勝手に思っていた以 上に優しい方で。とにかく優しい兄貴肌というか。

ーーそして、その出会いから年月を重ねて、ABCでご一緒することになるんですね。このきっかけってどん なところだったんですか?

AKIHIDE:DAIGOくんのサポートでスタジオに入ってたんですよ。そこにyasuさんがたまたま 遊びにいらっしゃって、その時にご挨拶して、シークレットライブのメンバーを捜してらっしゃったくらいの時で、後日、 DAIGOくんに「彼を紹介してくれない?」って話があったんですよ。特にオーディションがあったわけでなく、事務所に 呼んでいただいて。

ーーそうなんですね。で、そこからシークレットツアーに出かけていくと。AKIHIDEさんにとって、ど んなツアーでした?

AKIHIDE:ソロ活動の始まりを、あえてABCを誰も知らないっていうところにいくっていう環境の中 で、お客さんがゼロで、対バンの人しかいないってこともいっぱいあったんですけど、yasuさんはステージを下りて行っ て、壁のところに立ってる人のところまで行って唄ったりとかしてらっしゃって。すごく大きな会場を埋め尽くして来たアー ティストさんが、対バンの人しかいない中でも、その対バンの人の前に行って、ステージ下りて唄を唄うっていう、引き込ん でやるっていう姿勢はすごいと思いましたね。それにサポートメンバーも引っ張られるし、その人たちも前の方に来てノリ出 しちゃう。ひとりふたりの人間さえも変わらず動かそうとしてる姿勢はすごいなって思いましたね。しかもそれが毎回だった んで。相手は誰であれ、全力なんだなって。僕にとって、シークレットツアーは思い出だらけですよ。ライブはもちろん、移 動も宿泊地も全部。人生で一番楽しいライブツアーだったかも知れないなって思うほど。それはもちろんシークレットってい う、見に来ているお客さんがいらっしゃらないっていう特殊な環境もありましたし、yasuさんをはじめ、スタッフさんも すごく良くしていただいたのもありましたし。素敵な思い出です。インディーズバンドがこれから始まって行く感じっていう のを、僕もご一緒させていただいて追体験できたので非常に楽しかったですね。

ーーその中で、yasuさんとの関係も深くなっていったんですよね。

AKIHIDE:そのシークレットツアーの時に「サウナ行こう」ってなって。その時僕、サウナってほとん ど行ったことがなかったんですよ。今ではもうサウナ狂なんですけど(笑)。で、そのシークレットの時に、yasuさんに サウナ連れてっていただいて、2時間も3時間も入るんだ!ってことにまずは衝撃を受けまして(笑)。でもそこで、色んな お話をさせていただいたんですよね。ツアー中もライブが終わればほぼ毎回、サウナにご一緒して、その中で、他の誰にも相 談できなかった話とかもさせていただいて。そこでyasuさんは、すごく的確なアドバイスをしてくださるんですよね。輪 廻転生がもしあるなら、yasuさんって何回人間を転生してるんだって思うくらい的確で。僕はもう、そのさまを「菩 薩」って思ってるんですけど(笑)。色んな人を導く懐の深さっていうか、優しさと言いますか。優しさって言葉で括ってし まうはあまりに簡単過ぎてしまいますが、本当に「菩薩」みたいなお人柄で。yasuさんがそうやって人を助けるのが広 がっていくのを実感するのは、僕と僕の友人とかで飲みに行くと、自然とyasuさんの話をしてるんですよね。しかもそれ が毎回なんですよ。どこに行っても、yasuさんの褒め合いでお酒を飲んでるんですよね。yasuさんは、そうやって自 然に人を導いたり、助けたりされてるんじゃないかなって思うんです。だからその分、ご本人の苦労とか悩みをどうされてる のかな?って思いますね。そういうご自分の苦労を、yasuさんはおっしゃらなかったんで。それを全く見せなかったんで すよね。「Q.E.D.」のツアーの時もそうでしたけど、ご本人が本当に辛い時に、ツアーの合間にBREAKERZのレ コーディングに行く僕を、いつも心配してくださって。僕からしたら、yasuさんの身体がギリギリの状態なのにって。そ うやって、自分じゃなくまず他人を気づかうっていう懐の深さが、何か超越した感じがありました。だからプロジェクトにお いても、yasuさんって、ファンの方を一番に考えてらっしゃるんですよね。これをやったらファンのみんなが喜んでくれ るよね、これをやったらファンのみんなは嬉しいよねとか。先にファンの皆さんありきなんですよね。ご自分もアーティスト として表現したいことももちろんあると思うんですけど、でも最初の言葉はファンの皆さんのことなんですよね。だから僕 も、そうでなくちゃいけないなって教えられましたし、それがやっぱりたくさんの人に感動を与え続けている理由なのかなっ て思いますね。本当にすごいなって。

ーーAKIHIDEさんの言葉もすごく優しさに溢れていて、聞いてるこちらもすごく心を動かされますね。 さて、またライブのお話に戻りますが、AKIHIDEさんがABCのステージで、特に気をつけたことってありますか?

AKIHIDE:とにかく周りを見ようって思ってました。何しろyasuさんが一番周りを見てると思うん ですよ。ファンの皆さんのことももちろん見ながら、メンバーのことも。目が後ろにあるんじゃないかって言うくらい、ちゃ んと見てらっしゃって。ライブが終わった後には、あそこは良かったとか、次はこうしようとかきちんと言ってくださるし。 だからそういうyasuさんの想いをもとに、より自分が参加できるようにって思って、とにかく他のメンバーの動きは見て ましたね。いわゆるそれって、サッカーとかでいうフォーメーションじゃないですか。一丸となってなければ出来ないことで すもんね。yasuさんは司令塔で、僕らはそれを崩さないようにきちんと意識する。だから、誰かが抜けた場所にスポッと 誰かが入れたりする。そういえば、よくSHUSEさんにも怒られましたよ(笑)。SHUSEさんもyasuさんの想い を、すごくよくわかってらっしゃるし、yasuさんもすごく信頼してると思うんですよ。yasuさんはあんまり怒らない んですけど、そのいえない部分をSHUSEさんが言ってくれてたのかも知れないですね。そういうバランスもいいんだろう なって思いました。チームとしてまとまってる感じがあるなって。本当にyasuさんって、中心に立つ人間なんだなって思 いますし、yasuさんだからそうなるんだろうなって思います。だからこそあの位置にいらっしゃるんだろうなって。そう いうのを見させてもらったから、僕も、BREAKERZにしてもソロにしても、yasuさんのようにするにはどうしたら いいんだろう、yasuさんだったらどうするだろうって常日頃から考えてますしね。

ーーそしてAKIHIDEさんは客観的にABCのライブをご覧になったこともあると思いますが、客観的に 見たABCのライブってどんな感じですか?

AKIHIDE:まず初めて外側から見させていただいたのは、SIX SENSEの時ですね。音のパワーがハンパないなって思いました。声もそうだし、バンドの演奏もそうだし、ひとつの塊になってました。内側にいた人間なん で、ステージングのこだわりも、見たり聴いたり学んだりはしてましたけど、外から見ると、そのフォーメーションの美しさ やいかにって感じで。それぞれのメンバーさんが周りを見ながら動いてるし、ライブそのもの全てがABCのひとつの大きな パンチになって、思いっきりぶん殴られたような衝撃がありました。音も声もステージングも楽曲の良さも、どれが良いとか そういうのではなく、全部が固まって、ひとつの素敵な空間になっているんで、それはすごいなって思いましたね。

ーーいろんなライブでABCのファンの皆さんを見る機会が多かったと思いますが、ファンの皆さんはどんな 印象ですか?

AKIHIDE:温かくて、優しくて、熱い。ソロプロジェクトのサポートは、「いえーい」って言っても誰 も見てないことなんてざらにあると思うし、それが普通だと思うんですけど、ABCのファンの皆さんは、ちゃんと受け入れ てくださって、ひとつのバンドみたいに見てくださってると思うんです。あとは、yasuさんとファンの方の絆がすごく強 いなって思ってます。さっきのyasuさんの話もそうですけど、yasuさんがファンの方ありきで考えてらっしゃるか ら、ファンの方もABCの音楽があって、みたいに思って楽しんでるんだなって。とにかく温かくて優しくて、そして熱い なって。僕、ヘドバンがあんなに美しいものだって初めて思いましたもん。すごい一体感ですよね。みんなが本当に嬉しそう にステージを見ている姿とかも素晴らしいなって思いますよね。

ーーでは、ここからは、ABCの作品についてもお伺いしていきましょう。AKIHIDEさんにはこれまで も数々ご参加いただいてますが、最初にご一緒したときのこと、覚えてますか?

AKIHIDE:最初に作品に参加させていただいたのは「BLACK LIST」の「愛してない」とかをレコーディングさせていただいた時ですね。自分の100%で作品に参加できるようにって、色々機材を持って行ったんです よ。そこで、色んな音を出して行く中で、yasuさんもずっとその場にいてくださって、色々ディスカッションさせていた だいて。「音色とかどういうのがいいですかね」とか。僕的にも良い音色が来たなって思うと、「アッキーええやん!」って 必ず言ってくださるんですよね。その言葉で僕自身も、より力をいただいて、レコーディングにいつも以上に白熱したプレイ だったり、音色だったりを注ぎ込めた気がします。

ーーレコーディングにあたって、yasuさんのデモ音源を聴いたと思いますが、そのデモの印象ってどんな でした? 

AKIHIDE:一番最初に聴かせていただいたのは、シークレットツアーでやる、「SPELL MAGIC」とか「愛してない」とかの5曲が入ったデモですね。いわゆるMIDIでyasuさんが打ち込んでるって話を伺ってたんですが、聴かせていただ いて「ええっ!?これ弾いてないんですか?」って驚いて。「SPELL MAGIC」だけはレコーディングされていたものだったんですが、レコーディングされている「SPELL MAGIC」と、その他の打ち込みのデモのクオリティがいい意味で変わらなかったんですよね。楽器の間とか休符とか、ボーカリストのyasuさんが、細か い生楽器のニュアンスを全部把握してらっしゃったんで、すごいなって思ったんです。「休符があることで前に出て来る」っ ていうこととかは、そこで僕もyasuさんから教えていただいたことなんですけど、打ち込みでそこまで作れるのは、やは りすべて理解していないと出来ない話だとも思ったんですよね。しかも、yasuさんの考えてこられるフレーズって、ギタ リストが浮かばないようなフレーズだったりもするんですけど、それがちゃんと理にかなってる。ギターの鳴る帯域とか弾く 帯域とかを理解されてるんで、もちろん難しいフレーズではあるんですけど、ギターとして再現できないっていうのもありま せんでしたし。とにかくすごいなって。

ーーそのデモ音源を聴いて、レコーディングに移るわけですが、そこでAKIHIDEさんが心がけたことっ てどんなことでしょう。

AKIHIDE:僕が心がけていたのは、もちろんデモの段階で完成されてるので、それを再現するのは前提 としつつ、僕が持っているプラスアルファを入れさせていただくことで、「アッキー、それええやん!」って言ってもらえる ものを何かしら持って行けたらなってことですね。それは毎回思ってました。初期の頃、マスタリングにも一度お邪魔させて いただいて、作品が完成する過程をすぐそばで見させていただいてたので、出来上がった時も、自分のバンドの時の感覚に近 かったですし、あぁ良かった!みたいな感覚も味わわせていただいたんですけど、自分的にこれは良いフレーズだなって思っ たものを、最終的に活かしてくれる音にしていただいてたことがすごく嬉しくて。愛が溢れているなって。もちろんそれは、 yasuさんがファンの皆さんに対しての愛でもあると思うんですが、サポートとして携わってる自分にも、愛を感じる瞬間 が多かったんですよね。作品を聴いても、そういうのを大事にしてくださってるなって思います。だから僕も、次も頑張りた いって思いますし。僕以外のプレイヤーの方がレコーディングされた作品を聴かせていただいても、そのプレイヤーさんの個 性を生かされてるんですよね。yasuさんって、その人の魅力を引き出すのがすごくお上手な方なんだなって、作品を通し てもそれをすごく感じています。

ーーそして、ABCのミュージックビデオにもAKIHIDEさんには多数出演いただいてますね。

AKIHIDE:新しい扉を開いていただいてますね(笑)。最初やらせていただいた時、オタクシーンが あったので、衝撃的でしたよ。すごく撮影が長かったのも覚えてますね(笑)。でも、ソロのシーンを撮っていただいてる時 も、yasuさんはずっと見ててくださっていて。その上で、すごく色々アドバイスとかいただいたり、褒めていただいた り。yasuさんが一番撮るシーンも多いし、大変で疲れてらっしゃるはずなのに、すごくよく見ていただいて、それが本当 にありがたかったんですよ。僕だけじゃなく、みんなもそうだったと思うんです。だからみんな、よし頑張ろう!って気持ち がyasuさんによって引き出された感じがあったんですよね。

ーー最後に、この特設サイトを読んでくださっているファンの皆様にメッセージをお願いします。

AKIHIDE:僕は元サポートメンバーで、ABCファンだから、ファンの方とある意味同じような感覚で yasuさんを見ているし、yasuさんがファンの皆さんを見るような目線で、皆さんのことも見ているっていう、ハイブ リッドなヤツなんで(笑)。だから、新しい作品が出るのをいつも楽しみにしてるし、僕はそれをより深く聴いちゃうし、よ り深く解明しちゃう。皆さんも、yasuさんが作り出したものや、伝えたい思いっていうのを受け取って、日々を生きてい ると思うんですけど、それは僕も同じで、すごくyasuさんからいただいたもので、色々考えさせられたり、前に進もうっ ていう力をいただいてます。だから僕は、yasuさんのようにはなれずとも、yasuさんが伝えようとしいている姿勢を 自分なりに出来たら良いなって日々頑張っているんですけど。ファンの皆さんと僕は一緒で、僕もTEAM ABCだと思っているんで、とにかくこれからもyasuさんがより素敵にカッコ良くなって行くことと、ファンの皆さんとの絆がより強くなっていくことを、 いちハイブリッドなファンとして願っています。