Drums : 山崎 慶(Venomstrip)

ーーニューアルバム「Lーエルー」に収録される「黒猫~Adult Black Cat~」や「INCUBUS」など、Acid Black Cherryの作品に参加してくださっている若手実力派ドラマーの山崎慶さんにも、この企画で色々なお話を聞いていこうと思っています。まず最初に、慶さんから見てAcid Black Cherryって、どんなプロジェクトに映っていますか?

山崎慶:僕はyasuさんの音楽を初めて聴いたのは、プロのバンドマンに憧れる中学生の時でした。2011年にDEAD ENDのドラマーとして、ABC主催イベントの「SIX SENSE」でご一緒させていただいた時に、初めてしっかりライブを見させていただいて、改めてとにかくカッコいいなと思いました。もちろんyasuさんのソロなんですけど、印象としてはバンドのライブを見ているような感覚で、皆さんのパフォーマンスも派手ですし、バンドメンバーが後ろに下がっているとかじゃなく、音楽的にも全員 の個性が際立っていて、その中でもyasuさんの表現力の高さをすごく感じましたし、色んな意味で衝撃を受けました。改めてすごいプロジェクトだなって思いました。

ーー慶さんは、初めてyasuさんと会ったのが、その「SIX SENSE」の時でしたよね。

山崎慶:そうですね。初めは緊張して、まともに全然お話しできなくて(笑)。楽屋も隣だったり、リハーサルを見学させてもらったり、すごく近くにいさせてもらっていたと思うんですけど、そんな環境が僕には信じられないくらいのレベルだったんですよ。だから、レコーディングに呼んでいただいた時は、めちゃくちゃ嬉しかった。「これは、ありえないことが起きてるぞ」と。学生時代から見てきた人の作品に自分が参加できるなんて、考えもしなかったですからね。不思議な感覚でした。そこから、yasuさんが僕を選んでくれたのはなぜかっていう事を考えました。作品に参加するにあたり必要とされているものは何かって。

ーーでもね、SIX SENSEの時、慶さんがドラム叩いてるのを見て、yasuさんずっと「上手い!上手い!」って言ってましたからね。それは必然だったんだと思うんですよ。

山崎慶:おー。それはすごく嬉しいですね。今思えばですが、僕もあの時もっと自分からABCの楽屋に遊びに行けばよかったですね。僕自身、遠慮していた部分もあったので。初めてレコーディングに呼んでいただいた時、yasuさんの方から「最近どうなの?」とか「元気にしてる?」って後輩の僕にも気遣ってくれたのも、yasuさんの優しさを感じましたし、人間的にすごく温かい方だなと思いました。壁も作らずに僕を受け入れてくれたんです。

ーーレコーディング中には、どんな話をしたんですか?

山崎慶:色んな話をさせてもらったんですが、特に印象的だったのは、「慶さんはもっとやりたいことをやってもいいんだよ」って言ってくださったことですね。すごく僕のことを理解してくれるんですよ。基本的にレコーディングのファーストテイクはデモのイメージに忠実に演奏する事が多いんですけど、「次は慶さんなりに好きにやってみてよ」って言って下さることが多かったですね。

ーーそれもびっくりしたでしょ?慶さんは基本的に真面目だし、忠実に再現することをきちんとしながら、自分の色を出してくれる人だから。

山崎慶:そうですね。ある程度「自由にやってみて」って言ってもらえる現場って、実際に意外とあまり多くないと思うんです。ミュージシャン側から楽曲がより良くなるよう提案することももちろんありますけど、トゥーマッチってなることも中にはあるんですよね。でもyasuさんは「好きにやってみていいよ」と言ってくれる。それは、僕をすごく理解してくれてるからこその言葉だっていうのもすごくわかるし、それこそミュージシャン冥利に尽きるというか、それもまた嬉しいんですよね。だから、最初のレコーディングの時に、yasuさんが「ここは慶さんらしく」とか「あのおしゃれなやつだよ、あれ!」みたいなことをおっしゃってくれたんですけど、当時はそんなに僕を見てもらえてたって正直思ってなかったから、「あれ、ってどのことだろ」って逆に固まっちゃいましたからね(笑)。yasuさんの中に、僕のイメージやプレイスタイルっていうのが明確にあった上で、それを楽曲の中に取り入れたらもっとかっこよくなるんじゃないかっていう意向もあった上で、僕が呼んでいただけてるんだなって思いました。最近は僕も、「あのおしゃれなやつちょうだい!」って言われても、理解できるようになってきましたね(笑)。

ーーすごくいい感じでレコーディングが出来ているんですね!

山崎慶:レコーディングで、録ったテイクを選んでいる時に「慶さん的にどう思う?」っていうのも聞いてくれるんです。僕のアイデアやプレイも尊重してくれるんですよ。「こっちの方が個人的に好きです」と提案すると、「じゃ、それにしよう」って。それが採用になれば音楽家として嬉しい限りですよね。

ーーいいですね!その中で慶さんが気を配ることってどんなことでしょう。

山崎慶:ひとつあげるとするなら音色ですかね。現場では色々なシンバルやスネアを試して、yasuさんと一緒に音色を吟味します。例えば「黒猫~Adult Black Cat~」の時は、一番派手な音のスネアをyasuさんがチョイスされたんですが、出来上がった全体像をデモを作っている段階から完璧に考えてらっしゃるんだなって思いました。ドラムを録る時って、まだギターやベースがデモの仮の段階だったりするんですけど、最終的な音のイメージがyasuさんの中で明確にあって、スネアの音色ひとつとっても、その最終形にふさわしい音を選んでるんだなって。そういうyasuさんの気持ちや意向を汲み取って、楽器のチョイスや音作りにはかなり気を遣っています。

ーーそうなんですね。で、いま、デモの話が出たのでお伺いしたいんですが、yasuさんのデモを聴いた感想ってどうでした?

山崎慶:本当にクオリティーが高くて、デモの時点で、ある意味全パート完成してる印象ですね。ドラムのフレーズとかも、かなりドラマーなんですよ。yasuさんの中にドラムのパターンやフレーズはもちろん引き出しの中にたくさんあって、なにより引き出すセンスが素晴らしい。それだけyasuさんはドラムが好きなんでしょうね。こだわりも強いから、自分もいつも勉強になります。ある意味デモを超えるのが自分の仕事だったりもすると思うので、トライしがいがありますね。

ーーそして、レコーディングをして、出来上がったものを聴いてみて、どんな感じでした?

山崎慶:自分が参加した作品はデモを聴いていたので完成のイメージはなんとなくできましたけど、完成した作品を聴くと、想像以上というか全てすごいクオリティで仕上がってますよね。何回も聴きました。ABCの曲って何回でも聴きたくなるし中毒性がある楽曲が多いですよね。yasuさんは細かいところまで拘っているので、何度か聴き返すと新たな発見をすることもあります。完成した作品を聴くとレコーディング中のyasuさんの言葉の意味が改めてよくわかるというか。それに加えて、ミュージックビデオもyasuさんが拘っているだけあって、見てみるとまた世界が広がるんですね。先程挙げた「黒猫~Adult Black Cat~」はダンサーもたくさんいたり、とても派手な世界観で。スネアを選んでいた時、派手な音色をチョイスしたyasuさんは、ここまで明確にイメージができてたのかってね。すべてが納得できるんです。

ーーなるほど!慶さんの中にも変化があったりしました?

山崎慶:yasuさんがイメージしている完成形をより意識するようになりました。これまでのアルバムもコンセプトアルバムですし、yasuさんはそれぞれの曲のイメージももちろん、僕たちの想像を越える程かなり広い視点で見てってことですからね。僕らはそのyasuさんのイメージを具現化する一員でもありますし、それを自分なりに出来る限り汲み取って取り組めるかっていうところは、シングルだけでなく今回のアルバム曲に参加するにあたって変わったところではあるかなと思います。作品の中でどの曲がどこの位置にあって、どういうストーリーを描くのか、そういう事もシングルを作る時点から考えているのかなとか勝手に思ったら、今回本当に刺激を受けましたね。

ーー今回のアルバムも、慶さん自身も楽しみなんじゃないでしょうか。

山崎慶:そうですね!作品はもちろんのことですけど、ブックレットのクレジットとかも見るじゃないですか。そうすると、僕自分の大好きでミュージシャン達がいっぱいなんですよ。僕はSIAM SHADEも大好きで淳士さんを昔からリスペクトしているので、そんな豪華なメンバーの方々と同じABCの作品に自分の名前があったりするのもすごく嬉しいです。と、かなり個人的には嬉しさもありつつ、yasuさんの描く今回の「Lーエルー」完成形がどうゆう作品になるのか、どんなメッセージがあるのか、一人のファンとしてとても楽しみですね。

ーーでは最後に、この特設サイトを読んでいる皆さんにメッセージをお願いします。

山崎慶:今回レコーディングのみの参加なので、初めましての方々もいらっしゃると思うんですが、この「Lーエルー」に収録される曲で、僕もyasuさんの意図を汲み取りながら一生懸命ドラムを叩かせてもらいました。そこに自分なりの色も出せたと思っているので、そんなところも是非聴いていただけたら嬉しいです。