Media & Music Writer Review

阿部沙織 / エフエム岩手 アナウンサー

「エル」というこの女性がどんな人生を送ったのか。
ブックレットに綴られた圧巻のストーリー。
ときに自分を「エル」に置き替えながら、
ときに絵本を読むように俯瞰で見ながら、
「エル」の人生の物語にあっという間に引きつけられる。
アルバムの14曲に聴き入りながら、ストーリーがどんどん鮮やかに色づいてゆく。
がむしゃらに、「ただ一生懸命に自分を生きたエルの物語」が1曲1曲の中に見えるようで、いとおしい。
女性が共感し、「私のうた」と言いたくなるロック。
これこそがAcid Black Cherry最大の魅力なのだと私は思っている。
4thアルバム「L-エル-」。今回はどの楽曲を「私のうた」にしようか。