Media & Music Writer Review

金光一昭 / エフエム山口 編成制作部主任

僕はAcid Black Cherryを、yasuというアーティストを知っている。
少なくともそのはずだと、彼の新作を耳にする前に自分に確認をする…。
モノガタリは時に稚拙と難解の硲を彷徨う。
それが、くどくど説明を入れることの無い音楽作品で紡がれたものならなおさらだろう。
しかし、いつもの事ながらABCのそれは軽やかな舞を見せながら、やさしく、ヘビーに、妖艶に、聴かせ、そして沁み込む。
今作は全方位で、楽しいというか、ワクワクする一枚だ。
続けて聴いても、バラバラに聴いても、結局「L-エル-」の世界に引き込まれる。気づけば、物語の登場人物や、歌詞の一部を、自分や、自分の知っている者に重ね合わせたりしている。そういう事象が、聴くたび繰り返す。そして必ずその中に新しい何かを見つけてしまう。
そして、いつもの通り、結局僕はまだまだABCを知ってはいないのだと思わされる。
そこにゾクゾクする。