Media & Music Writer Review

膳憲太 / エフエム宮崎 編成制作部 アナウンサー

同じ言葉を女性に向かって発したとしても、「セクハラ!!」と捉える人もいれば、「もっと言って・・・」と喜ぶ人もいたり。女性心理というのは、よく分からんものです。ただまあ、女性心理というよりは、結局は、発する側の人間性によるところが大きい気がするんですけど。
ABCのニューアルバムを聴いて凄いと思うのは、一人で詞・曲に加えてアレンジメントまで高いレベルでやってしまう音楽的懐の深さはもちろん、なにより、これだけ「どエロ」な歌詞を書いても、全くゲスな感じにならず、むしろ作品の艶っぽさが増すところだと思うんですね。女性にしたら絶対「もっと言って・・・」の方でしょ。同じ言葉を自分が言ったら、たぶん引かれます。というより捕まります。
それは結局、ABCという人が、「エロ」というのは、どれだけ歪でも立派な愛の形で、そして、愛というものの美しさを心から信じている人だからだと思うんですね。
だからどれだけエロくても、美しい。これって実は凄いことだと思います。