Media & Music Writer Review

清田のぞみ / 三重エフエム放送株式会社 放送部 アナウンサー

Acid Black Cherry「Lーエルー」

とりあえず、手にとって見て聴いて感じて欲しい一枚。

今回はコンセプトが “エル”という主人公を中心に、アルバムの曲を通して
1つのストーリーを奏でていく形になっていますが、既にリリースされているシングル曲も含めて1曲1曲が聴きごたえのある1枚です。

私が好きなのは、タイトルトラックの「L-エル-」
ゆったりとした曲調の中に「エル おはよう」から始まる歌詞。
これこそ、このアルバムの為に作られた1曲のように思っていたらyasuさん曰く
このストーリー(アルバム)が作られるよりも、もっと早い段階でできていた、浮かんでいたフレーズなんですって。

一人の女性の人生にしては、紆余曲折ありすぎるアルバムですが、
思春期の人なら顔を赤らめて、
人生経験豊かな人なら共感できて、
想像力が豊かな人ならきっと喜怒哀楽を感じる、
いい意味で期待を裏切らないAcid Black Cherryらしい一枚です。

ぁ、手にとるなら、ストーリーブック付きをおすすめしますよ。