Media & Music Writer Review

栗谷昌宏 / FM-JAGA DJ

男と女、光と闇、憎悪と愛情… “相反するものは実は同じものなのか”…と。
yasuさんが作る楽曲とストーリーを反芻しながら聞いているとそんな想いが頭をよぎります。人間が持つ闇を赤裸々な歌詞に表し、激しく鋭いメロディラインに乗せたかと思うと、現実世界には存在し得ないような純粋無垢な心と愛を優しい声で奏でてくれる。
全く持って、Acid Black Cherryが創り出す世界はいつも遠いようで近く、近いようで遠い。手を伸ばせば届きそうな宝物が目の前にあるのにいつも手につかむことはできない。考えてみると、人の人生はその掴めない宝物をいつも追い求められていることが幸福なのでしょうね。先行シングル4曲を含む13曲は、もう本当にゴージャスです。
yasuさん自身が相反するタイプ、要素が常に見え隠れするアーティストで、僕らにとて、届きそうで届かないけど追い求めずにはいられない存在ということを再認識しました。早くライブが見たいです!!!!!