Media & Music Writer Review

松永尚久 / ライター

実のところ、このアルバム『L-エル-』を聴くまで、Acid Black Cherryのことを、名前程度しか知らなかった。個人的には、独特の美しい世界観を持ったアーティストというイメージしかなかったのだ。そんな基礎知識すらない人間が、今回ご縁があってアルバムの先行試聴会に足を運ばせていただいたのだが、その偏見を完膚無きまでに払拭された。
重低音のバンド・サウンドに圧倒された「Round & Round」から始まり、ピアノなどを駆使して温かみのある雰囲気が印象的なタイトル曲「L-エル-」や、ヒップホップやEDMの要素も感じるスリリングな展開が強烈なインパクトを残す「versus G」など、音の緩急がしっかりあり、最初から最後まで聴き飽きない構成。また、サポート・メンバーとのセッションも、息をのむほどの迫力!ぜひ、偏見やイメージを捨てて一度触れてみることをオススメする。その柔軟かつ芯のあるサウンドに、打ちのめされることになるだろう。