Media & Music Writer Review

三吉梨香 / ふくしまFM 編成制作部 アナウンサー

胸の奥が締め付けられるほど切なく苦しく、そして美しく優しい“-L-”の物語。
あまりにも壮絶な一人の女性の人生を描いたブックレットは、まるで壮大な映画を観ているようでした。そしてアルバムを聴くと14曲全てがまるで劇中歌のように、物語の世界と重なってメロディから映像が生まれるのです。自分自身がこの物語の世界に迷い込んでしまったかのような感覚に捕らわれてしまう。何より素晴らしいのは、すでに発売されていた「君がいない、あの日から…」「Greed Greed Greed」「黒猫~Adult Black Cat~」「INCUBUS」もこの“-L-”の世界に溶け込み、新たな光を放っていること。
yasuさんの研ぎ澄まされた感性に改めて驚かされます。こんなアルバムがかつてあったでしょうか?悲しく、苦しく、辛いのに、愛に溢れ、誰かに守られているような温かさ。この“-L-”世界がステージをどんな風に彩るのか、楽しみでなりません。