Media & Music Writer Review

齋藤絵美 / エフエム山形 パーソナリティー

私は、yasuさんの活動をインディーズの頃から応援してきました。その音楽が体に染みついていることもあり、感情を揺さぶってくるメロディーと歌詞に、また今回もアルバムを聴いた瞬間鳥肌がたちました!「リリースされているあのシングルの曲がこうやって繋がって一本の線になっていくのか」計算されていることにびっくりです。
聴き慣れているシングルの曲もアルバムの中で聴くと、また違う楽曲に聴こえてくるんですよね!自分でもその感覚が不思議でした。「自分」や「エル」として、立場を変えて聴くと、また違う感情が湧いてきます。
押して引いてと、いい意味で!今回も弄ばれましたよ~(笑)焦らされて焦らされて焦らされるのですが、最後はふわっと抱きしめてくれる。yasuさんの温かさも感じました。
期待通り、いや期待以上のアルバム。ファンを裏切らないyasuさんの「愛」がつまっていました。このアルバムを引っさげてのライブも今から楽しみで仕方ありません!