Media & Music Writer Review

下埜正太 / FMOSAKA BUZZROCK DJ

待ちに待ったABCの新作がいよいよ発売される。アルバム毎に発表される壮大なストーリーも楽しみの1つだが今回はバラ色の人生(La Vie en rose)を夢見た「エル」という1人の女性の生き様と14曲が絶妙に絡みあっていた。愛(LOVE)とは?命(LIVE)とは?人生(LIFE)とは?そして最期(LAST)にエルが思う事とは果たして・・・?
曲を聴き歌詞を見てブックレットを読むという給食の三角食べみたいな事をしてこそ初めて分かる「L-エル-」の世界。DVDのドキュメント盤には前回のツアーのMC部分がベストセレクションとして収録されている。普通は、その日その場所限りと、やり逃げする所をあえて記録媒体に残してしまうのがyasuさんらしい。関西人ならではの自虐的なサービス精神の表れであり、ライブに行けなかったファンの事も考えてくれる優しさでもある。アルバムを聴いて様々な感情を爆発させDVDで思いっきり笑う(LAUGH)これも1つの「エル」なのかもしれない。