Media & Music Writer Review

鈴木仁 / エフエム滋賀 編成制作部

yasuさんと初めてお会いしたのは、Project『Shangri-la』のイベント時。
関西人特有の、非常にざっくばらんな人柄にほっとした記憶があります。
しかし、ひとたび音楽に話を向けると、音楽へのひたむきさに心を動かされた記憶が
あります。音楽への飽くなき探求心と、ファンを何よりも大事にするその姿勢。

そんな人間的魅力たっぷりのyasuさんが世に送り出す、Acid Black Cherryの最新作
『L-エル-』。まずは音源のみを視聴。その内容の充実さに大満足。圧倒的なボーカルと美しいメロディーに、気が付けば1枚聴き終わりました。
いいアルバムというのは、あっという間に聴き終わるものだと改めて実感。
2度目は、タイトル『L-エル-』に込められた“波乱の人生を送った一人の女性エル”の意味が考えながら、そしてブックレットを読んで聴くと、より曲に込めた意味がわかる。
音楽の表現は音だけではない、奥深さを感じさせてくれる1枚です。

さて、ツアーではこの世界感をどのように表現してくれるのか、楽しみです。