Media & Music Writer Review

渡辺裕介 / RADIO BERRY(FM栃木) 放送部主任 アナウンサー

待望のアルバム!ワクワクしながらプレイヤーにセットすると・・・想像をはるかに超えていました!1曲、1曲の魅力はもちろんですが、全体での完成度の高さが素晴らしいんです。ある時は”少女の目線”で、ある時は”少女を見守る少年の目線”でストーリーが展開していく。胸をときめかせたり、想い悩んだり、ハジけたり、淫靡に踊ってみたり、優しくなったり、と情感あふれる歌詞とサウンドにどっぷり酔えます。すでにシングルリリースされていた楽曲もアルバム内では、また違った輝きを放っていました。楽曲の収録順にも演出と情熱を感じます。往年のABCファンも「こう来たか~!」とうならせること間違いないでしょう。あっという間に14トラックが流れ、アルバムを2周目。今度は脳裏に浮かぶキラキラと汗を光らせながらステージで熱唱するyasuさんの姿。このアルバムを引っ提げてのライブも最高の夜になりそうですね。yasuさんの「コダワリ」と「愛」がたっぷり詰まっている名盤でした!